So-net無料ブログ作成
検索選択

滑走面のエッジ際 [マテリアル]

今回来たGSの板の滑走面。
エッジ際に、堅い滑走面が入れてある。
kassoumenkirikaki.jpg
氷河などの堅いバーンでは、エッジ際の滑走面は、堅いバーンにやられてしまい毛羽立ってしまう。。
そこで、エッジ際の滑走面は堅い素材の物にするのだとういう、、
他の部分の滑走面は、柔らかい雪質の時に滑走性を保つという、
二兎をねらった(遠近両用めがねみたいな)設計

これまでもSGの板では、こういった物は何度か入手しているが
GSでは、本当にトップクラスの板でしか見たことが無かった。
結構うれしい!!!

と、いうことで
8日からニュージーランドに遠征に行ってきます!

頑張ってきます!

今回もFISに出ると言ったら
アクティブFの斉藤さんが、、
GSの板も86°にしてくれました。。

GSで86°は初体験。。
ま、試してきます。。

今回海外遠征なのに、86°と87°
両方のファイルガイドを持ちました。。。










よろしくお願いします。


コメントもお願いしマース。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。