So-net無料ブログ作成
検索選択

滑れるのか? [怪我とメンタル]

■1/20 その2
優先席に座るような足の状態でスキーできるのか?

もっとも、1/16~1/19は16日の朝に京浜東北線で、譲ってもらった以外は優先席には座っていないですけどね。。

スキーを滑るより、階段を下る方がよっぽど膝には負担がくるらしい。
なので、階段使用を医者に止められている私ですが、スキーをすることになった。

とはいえ、スキーは雪質にもおおきく左右される。
1週間の天候を確認して、雪の重そうなスキー場をさけ
条件の良い菅平にした。

ちょうど一年前に、東京医科歯科で再建手術を行った塩原将にあった。
将に滑ってよいのか聞いてみた。
「大丈夫ですよ。ポールも無理しなければ大丈夫です。
 先生がレースはダメと言っているのは、
レースだと無理して入ろうとして膝に『ぐっ』と力入れちゃうことがあるからです。
 練習だとそれはないので、 SL板じゃなければ、GSなら大丈夫です。」

レースに出場しなければOKというのは、聞き間違えではなかった。


今回、スキーに来たのは、3つの狙いがあった。
①再建術しないとどういう不具合が残るのかの確認
②みんな(中川コーチ)を驚かせたい
③当分滑れなくなるスキーを最後に確かめたい。

①の比重がほとんどだが、②も考えていたのでみんなには内緒にしていた。
③は①に含まれるけれど、ま、一応狙いが違うということで、、、

さて、

1/20の菅平は例年より寒く比較的柔らかい雪質で、
多少の凹凸はあるけれど、条件はよかった。

0120whitepeak.jpg
手始めにリフトに乗車し「Goの原」で、軽くフリー。
「軽く滑る」と考えると、自然とプルークスタンスになるのだが、
ねじり動作が必要。。。これはまずい。

ターン弧で速度を調整。
「ターン弧を深く」と思っても、右外足が入ってこない。

左外足字はスムーズにまがるターンも、右外足時はシェーレンの様に流れてしまう。

さらに、曲げに恐れがあるのか、右外足から、左外足への切り替え時、右足をたためないので
クロスオーバーに時間がかかってしまう。

次にやや斜度のあるチャンピオンコース。
時刻は、10時近くになり、斜度のある部分にはそれなりの起伏ができていたが、
上からみて左側は中回り程度なら回れる感じだった。
ある程度負荷のかかったターンができる。

しかしここでも同様に、右の外足は外に流れていた。
気を付けていれば狙ったターン弧にもできるのだが、左足のように自然にはできない。
「これが、雅樹(清水先生)の言っていた、流れるってことなんだな。」

フリーのバーンはだいぶ荒れてきた。きっと整備されたレースコースが良いに違いないな。
中川コーチがスタートに来るころを見計らって、スタート付近に行ってみた。

いたいた。

ミラーゴーグルに、フェイスマスクで登場してみましたが、、、

「幻でしょうか?(笑)」


中川「これはこれは、風の噂で、菅平に来るらしいというのは聞いていましたが、ゲレンデで会えるとは、、、」
古川「先日のコーチフィー、払っていなかったので、、、」
などと冗談を、、、

参加者の方からも
「あれ、古川さんでは、、、」との声も聞こえてました。。
大成功!


さて、中川チームは、ホワイトピーク(中斜面)にゲートを張っていた。
これはちょっと、手ごわい。

HAMA R&D AREの濱野さん
http://homepage3.nifty.com/hama-rd/index.html
が、沢コースでセットしていたので
「こっち入っていいよ」
と、
千葉県の相馬選手、大塚選手とともにポールに入れてもらいました。

本当ならクローチング組んで簡単い滑れるコースが、
もはや初心者状態ですね。

一本滑って、濱野さんに
「滑り、かわいいネぇ~」
って笑われてしまった。
0120Gonohara.jpg

0120Gonohara2.jpg

もちろん、もっと怪我の状態がよくなれば、もうちょっと
マシには滑れるのだと思うが、ただ、この延長でいくと
どんな感じになるのかはよくわかったつもりだ。

■足の状態
合計で7~8本滑って、休憩に入った。
下丸子の駅から職場までの800mを歩くのに3~4回休憩しないとつけない私。
しかもそれだけで、足はパンパン。

それが、緩斜面とはいえ、7~8本滑ったのに、まったく問題がないし、腫れてもいない。
普段の歩行が、どれだけ膝に負担をかけているのか、、、
やはり、歩くというのは大変なことなんだなぁと。。





nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 2

山口

早期ACL再建術、転帰に差なし
2013年01月29日 ソース:BMJ カテゴリ: 整形外科疾患

この論文に対する医師の回答数:0件
文献:Frobell RB et al.Treatment for acute anterior cruciate ligament tear: five year outcome of randomised trial.BMJ 2013;346:f232.

 急性前十字靱帯(ACL)損傷の若年成人患者121人を対象に、リハビリ+早期ACL再建術とリハビリ+待機的再建術の5年転帰を無作為化試験で比較。膝損傷・変形性膝関節炎転帰スコアのサブスケールの平均変化は早期群42.9、待機群44.9。早期手術、待機的手術(51%が施術)、リハビリのみの患者間で転帰に差がないことが示唆された。

http://www.bmj.com/content/346/bmj.f232.pdf%2Bhtml
by 山口 (2013-02-18 10:49) 

nfuru

ワールドカップの上位30位。何割の方が再建手術してるんでしょうねぇ。
50%より少ないことは無さそうですが、、
by nfuru (2013-04-15 00:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。