So-net無料ブログ作成
検索選択

FIS2戦、完走しました。 [怪我とメンタル]

1月1日に前十字靭帯を断裂し、レースから遠退いていましたが、
まずはFIS2戦を完走しました。

〜振り返り・怪我から〜
前十字靭帯断裂後、1/6に宗田先生を訪れました。
それまでの5日間、清水先生や、多くの前十字断裂の経験ある選手に、彼らの経験をききました。オリンピック選手から、社会人レーサー、再建手術を行わなかった選手、知り得る限りの広い範囲で。

そして、自分なりの復帰スケジュールを持って、診断を受けました。

当時、先生と、リハビリの相澤先生に話したストーリーは以下

・8月雪上復帰
・11月下旬レース参戦(結果は求めない)
・1月上旬 本番レース

この希望を基に、手術日は、2/14から1/24に前倒してもらいました。
1/25から一週間、宗田先生がアメリカ出張なので、術後の経過が診れないので、1/24が空いていたのです。(東京医科歯科大の膝班のオペ日は、木、金)

退院までの経過は順調でした。復帰への不安はありませんでした。

そうそう、選手として相談した中で、印象に残る言葉をもらったのが、河野恭介選手。

「今、復帰は、誰でも出来ます。
復活は、大変です。
その歳で、復活して下さい。」

その後、

それが、古川さんだ。皆に、魅せて下さい。

の様な言葉も。


“復活”

重みがあった。

復帰が目的なら、オペは要らない。
復活の為に、オペが必要。


2〜3月に外れる予定の松葉杖は、5月まで外せず。順調だったとは言えませんでした。
入院もしたし、週一回の平日のリハビリは、
ただでさえ忙しい業務を追い詰めていました。

リハビリで、宿題が出されますが、半分も出来ない状況が続きます。
焦る気持ちと、焦ってはいけない膝。


〜雪上復帰〜
8月の雪上許可がでてからは、狂った様な生活でした。
シーズン中に使わなかった活動費用を短期の海外遠征費に回し、回数を稼ぎました。
R35の新ルールの板にも何とか慣れ始め、10/31からのスチューバイでは、ゲートトレーニングにまでこぎつけました。

〜レース参戦〜
FIS2戦を、事前トレーニングも無く、初めてのスキー場で出場するのは、無謀と思われるかも知れません。

ですが、本番までに時間の無い、今の私には最善の策だと考えています。

レースを完走した膝の状態含め、後一ヶ月の課題が見えたはずです。

このレースに出れるよう、協力して下さった全ての方に感謝し、
一ヶ月頑張りたいと思います。

image-20131203081519.png


http://mobile.fis-ski.com/uk/mobile/mobile-biographies.html?sectorcode=AL&competitorid=18777&pageid=4707&catcode=ALL§or=Alpine&raceid=78074&type=result

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

将父

おかえり。
古川劇場第二幕開演。

近日中に、雪上で逢えるのを楽しみにしています。
by 将父 (2013-12-03 08:41) 

nfuru

将父>
将にも、前十字の先輩として、色々教えてもらいました。
将も、だいぶ調子上がってきてますね。私も一緒に、上げて行きます!
by nfuru (2013-12-03 12:25) 

まお

社会人として働きながら第一線で続けてるふりゅさん、本当に尊敬してます!
わたしは選手としては引退しちゃいましたけど、またスキー場でお会いしましょう(*^^*)
by まお (2013-12-03 12:50) 

nfuru

まお>ありがとうね。
本当は、もっとトレーニングしないとね。
でも、今、1番のリハビリが、スキーをすること、、
やるしかないよね。
by nfuru (2013-12-03 17:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。