So-net無料ブログ作成
検索選択

オリンピック 回転2本目を見て。 [ワールドカップ]

世界最高峰のレースで、最高レベルの難易度のセットが立って
やっぱり上手い奴がうまかった!
とても素晴らしいレースだったんだと思った。

ヒルシャーの上手さも凄かったが、クリストファーセンの滑り。
若さゆえの荒削りなところもあったけれど、あの柔らかいタッチ。
スラロームが苦手な私にも、ともて分かり易すかった。

ちょっと話はそれるが、、、、
滑りの幅の狭い私は、一発狙い的な気持ちでレースに参戦することがよくある。

何もそれは私だけではないだろう。

「あそこのレースは、緩斜面で簡単だから」
とか
「あそこは、バーンが固いから、掘れにくいので後ろから行ける」
とか
「去年は、○○選手が流してくれたから、ポイントとりやすい」

よく聞く言葉だ。

でも、
そんな気持ちでレースにでても、ギャフンと言わされることが少なくない。

特にFISで、そんなに甘いレースは無い。

「今回は、楽なセットだ!俺も行ける」と思っても、
上手い選手は、「もっと行ける!」ので、タイム差が開く。

以外と、「かなり苦戦してたいへんだった」方が、タイム差が開かなくて
良いポイントだったりもする。

そして、、、、「何しにきたんだ?」ってぐら
お話にならないことも。

そんな時、その差を思い知らされると、、すごく反省できる。

「コースを思い返して、セットを思い返してしまってる」くらい反省できたら最高だ。

佐々木選手のブログより、、
http://akirasasaki.blogspot.ru/2014/02/blog-post.html?spref=fb&m=1


いくら、苦手なセットとはいえ、もうちょっとやりようがあったのでは?
もうちょっと、戦えるぐらいにレベルを上げなければ、、

色々考え、、調べ、イメージを直し、そして練習!

それが、次へのステップにつながる。

*****

今日、久しぶりにスラロームの練習をした。
怪我後初。
ちょっと膝が痛くなりましたが、、

それでも、とても面白かった。

オリンピックでSLを見たからではありませんが

でも、オリンピックのあのすべりを思い出しながら滑ってみました
(まったく違う滑りですが、、、)

さまざまなコースがあって
さまざまな雪質があって
さまざまなセッターのセットがあって

同じレースは二度と無い。

どんなセットでも滑れるようにならないと、
良い成績は出せない。

本当に厳しいスポーツ SKI。
けれど、本当に面白いスポーツ SKI。

なんか、楽しくなってきました。

さ、来週も頑張るぞ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。