So-net無料ブログ作成

スラロームイメージ [スキー技術]

今年2回目のスラローム。一回目は、先月末のグランプリでのレース。
クリスマスで、次郎コーチの板借りて練習したから、「今シーズン2回目のスラロームトレーニング」が正解かな。

クリスマスに、拳を雪面に付けて内傾するイメージを教わったが
なにせ、練習量が足りない。

今日は、ニカ月振りの練習です。

まずは、ブラッシュマーカーでup
良いお手本が、いたので比較です。
http://youtu.be/ObS-UngWsxE

私。
http://youtu.be/ObS-UngWsxE
因みに続けて滑りましたが、
私が滑るのは2本目だったんで有利でした〜
あの滑りでしたがタイム差は、0.07秒。

でも、その後直ぐにロングポールに入ると

http://youtu.be/ovCPCPv-fyc
ありゃ

次に滑って完走するも、
5秒差!

落ち込んでいると、元キヤノンスキー部の小島さんからアドバイスを。
「当たった次の旗門を見てないからだよ。
当たるポールを見ちゃってるから、次のポールへの動作が遅れてる。
ブラッシュで、次のブラッシュを見ながらどんな距離感なのか確認しながら滑ってみたら?」

成る程、ブラッシュに行ってみる。
出来ていたつもりがなかなかできていなかったかも。

滑り下りたら、小島さんからもう一つアドバイス。
ジェスチャーを使いながら表現されたので、
文章にはし辛いが、

フォールライン方向に落ちて行きながら左右に板を繰り出す様なイメージで滑っているみたいだけど

左ターン終わったら、左内側にあった内傾軸を、フォールライン側(右前)にパタッと変えて
右ターンに入る。
ターンしてきて右に内傾していた軸を、切り替える時に、フォールライン側(左前)にパタッと切り替えて、左ターンに入る。

こんな感じのアドバイスをもらった。

それでブラッシュを滑ると
体が遅れる事無く楽に入る事ができた。

先程のリスキーな滑りではなかったから、タイムは、0.5秒程遅れたが、滑りに余裕がでた。

もう一度、ロングポールに入ると、1秒以上縮まった。

今日の練習はここまで!

小島さんアドバイスありがとう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。