So-net無料ブログ作成
スキー界を考える ブログトップ

オリンピックって [スキー界を考える]

今回のオリンピックの選考。。。
すでに、何人かの方が疑問を唱えだしているが、、
私もそう。。。。

自分がアルペンスキーをやるから、ヒイキ目になるのはしょうがないとしても
アルペンとして
・3大会連続で、女子選手を派遣しない。
・男子も若手選手を出さない。

といのは、異常な感じがする。。

将来への方針が無い。自転車操業状態。。

マネーゲームで負けてる投資家が、最後の一発逆転狙い
失敗したらパー!

それって、禁じ手。失敗したら、そのフィールドからは退場。
でも、いまやっていることがそんな感じに見えてしまうのだ。

なでしこジャパンが優勝して、一躍日の目を見たという構図をを見て
「それ狙い!」
という印象なのだ。

サッカーって今では男子も女子も強くなって、世界で戦えるようになったけれど
それまでには、時間をかけた戦略があった。

まず男子サッカーを強くすることから始めていた。
強くなるためにJリーグを作り、
指導する人を育成していた。
そういった長年の努力の積み重ねが実っているだと思う。
そういった中で女子サッカーの優勝もあったのだと思う。


確かに、少ない予算でやりくりするのは大変だ。

けど、やっていることが、一発逆点狙いのような。
メダルを取れて認知度があがれば、そこから、、、、

そんなにまで、日本のスキー界は落ち目なのだろうか、、

「ぜんぶ雪のせいだ。」

スキー人口ももどりつつある今。
アルペンなのだと思っていたのに。。

つづく?



SAJ競技スケージュールについて! [スキー界を考える]

SAJのレース日程は9月19日にアップされていたようだ。

http://www.ski-japan.or.jp/official/saj/game/2007sche_saj_alpine.html
 

しかしこれ
SAJのトップページから行こうにも、なかなかいけないページだ。
 

■正しいぺーじへの行き方

最短で行くにはTOPページから

左のメニューから■競技予定・結果

をクリックし
「競技を選択してください」のプルダウンメニューから
「アルペン」を選ぶといけるのだが、、、
 
 

■たどりつけない行き方

他のルートでいくと、たどり着けない。。
たとえば、

競技本部をクリックしても、新着情報にも載っていないし、、

仮にそこで「アルペン」をクリックしてたどり着いたアルペンのページにある

競技予定・結果一覧へ
をクリックすると、たどり着くのは昨シーズンのページなのだ。。

 

ちなみにこのページ右上にある年度を選ぶプルダウンメニューをみても

「2005/2006」のページが最新としか受け取れないような表示だ。

これでは、多くの人が、「予定がアップされない」と思ってもしょうがない。。

■SAJさんへ の要望。

WEBによる情報収集が当たり前のこの時代、もう少ししっかりしたホームページ作りをしてほしいものだ。 
  
ちなみに、問い合わせメールの送信先もないし、WEB管理者へのメール送信方法もわからないので、この件についてユーザー側から連絡することもできない。。
  
 


惚れただけなんです [スキー界を考える]

この二日間。ブログの記事はアップしなかったが、そのぶん非常に参考になるコメントをいくつもいただける事
ができた。直接メールを頂いた方もいる。
それを読んで、考えさせられ、思ったことを書こうと、考えをまとめている。まだできていない。
けれど、その前に、書いた、私の素直な気持ちを記事をだすことにした。。

文体も、違うのだが、、素直な気持ちの文章、、、アップしておきます。
というか、これだけでも良いのかなぁ。
*****************************

わたしは、今一番楽しいと思っている競技スキーでどこまで行けるかを試したい。。


好きな人ができて、本当にその人のことが好きであったら、どうします?
その人に自分が見合うか考えて、見合わないと思ったらやめますか?あきらめられますか?
回りから「おまえじゃあ無理だよ」って言われて、「そうだね」ってすぐ思えますか?
私はあきらめられない。というか、見合わないから手を引く、、、、そんなこと考えたこと無いです。
その相手とお付き合いできるようになるためには、「どうしなくちゃいけないのか?」考えますよ。
自分を変えてれるなら変える。そうやって生きてきたんです。

基礎スキーは好きだったけれど、アルペンスキーには本当に惚れちゃったんです。
だから、そのアルペンのとことんアルペンスキーの、、本当のアルペンスキーを滑りたかったんです。

だから、FISに出るにはどうしたらいいのか?どうやったら出れるのか?
一人で必死に調べました。千葉でFIS登録している選手がスピードスキーの選手しかいない時代に。

1年目は出る試合のあてもなく、FIS登録だけしたんです。
登録したいと、所属クラブに申し出たときに「FISってどういうものかわかってます?」って聞かれました。

わかってます。
でも登録したかったんです。

人の思いというものは、通じるというか。
チャンスは、待っている人のところに来るというか、、

私は登録したということは、中川さんに伝えておきました。そうしたら、しばらくたって電話がかかってきました。
そのとし、「FISサザンカップ」が開催されると。
一年目ということもあり、認知度も低く、枠に余裕があって、大会枠で出場させてもらえると。

即答でした「出ます」

 


昨日の記事を読み返したい [スキー界を考える]

昨日の記事について、たくさんのコメントをいただいている。

http://blog.so-net.ne.jp/furukawa/2006-10-03

読んでくださっている方が、いろいろな思い、考えで読んでくださっていることがわかる。

おかげで、昨日も残業帰りのジョギングにも力が入った。

まだ、そのコメントに対して、返答を掛けていない状況だし、もっとコメント出てくるかもしれない。

今日は時間も遅いし、記事のアップはお休みにします。

 

賛同、反対、中立、別意見、いろいろあったら教えてください。

 

このブログは

←のサイドバーに「最新コメント」がでるので、どの記事にでもコメントしてくだされば

書き込まれたことがわかります。

ぜひぜコメントよろしくお願いします。

 


日本人に根付いたスポーツ(スキー界を考える) [スキー界を考える]

スキー界の活性化についての記事であるが、まずは、サッカーの話しから。。。

先日、野球世界一になった。
一方サッカー予選リーグ敗退

諸説いろいろあるだろうが、
「日本人に根付いた野球は粘りの底力を出せ、
 根付いていないサッカーは、勝つこともできなかった。」

そういう見方はできないだろうか?

なぜ、そんなことを思うかというと
我らの世代は、父親とキャッチボールしたことはあっても、
サッカー(球蹴り)をしたことが無い。
そんな世代だからだ。

これが、直感的に感じた「根付いたスポーツ」ということの差なのだ。

飲み屋談義で、野球については前置き無しにはなせるオヤジ連中も、

サッカーとなると「サッカーの事はあまりわからないのだけど。。。」と、前置きをしてから話す。

これ、私の偏見かもしれないけれど、
日本人全体に根付いたスポーツは盛り上がっているし、底力がでるんじゃないだろうか?

日曜の河原のグランドでは、アマチュアの野球選手がゲームしている。ものすごい人口だ。しかも、過去に甲子園を目指したような選手が、今も頑張っている。
一方、サッカーとなるとどうであろう?河原でのサッカーグランドは増えているが、ジュニア選手のみが目に付く。
まだまだ、国民全体へとは広まっていない。

一方、サッカーの強豪国。
ほぼ毎年、フランス、イタリアにスキーの合宿で出かけているが、
地元のオヤジ達の、サッカーの上手いこと。。
いわゆる、日本のオヤジ達が野球が上手いように、そうとう太ったオヤジ達にこてんぱんにやられる。

         (↑こてんぱんにやられている私。。。するっと取られました)


もちろん、私が下手とということもあるのだが、一緒にいる日本人の大学生は、高校時代にサッカーをやっていた連中もいたんですよ。


サッカーの強豪国は、若者からオヤジまで、サッカーが上手いのである。

私みたいににわかじゃないんである。。

さて、スキーに戻ろう。

では、日本のオヤジに対するスキーっていうのはどうであろう?

少なくとも、私の周りには

スキーをやったことがない人

って少ない

オヤジもである。私の上司(定年間近)も、しょっちゅうスキーしている。

「私をスキーに連れてって」の時代をはさみ、多くの人がスキーに行ったことはある。

オヤジ世代では、

サッカーゲームで、シュートを打ったことよりも、リフトに乗ったことの方が多いのでは無いだろうか?

そう考えると、スキー人口って結構多い。

スキーは、サッカーよりも根付くベースがあるんじゃぁないだろうか?


続きはまた。

(一部修正入れました)


スキー界を考える ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。