So-net無料ブログ作成

試乗#3 [試乗]

試乗のもう一つの目的
3.色々な特性の板にのることで、新たな発見をすること

それは、普段とは違う設計思想の板にのることで
新たな感覚を体感することだ。

新たな感覚。。。これが板によってもたらせられた良い感覚であったら
それは、口で教わるアドバイスとは一味違う収穫になる。

何年も前だが、ショートカービングの出初めのころ
ファンスキーともいえるとても短いカービングスキーで
GSのゲートに入ったことがある。

当時は長野オリンピック前でヘルマンマイヤーが絶好調で、
その滑りをマネたフォームで滑りたいと思っていた。。。

深い内傾角ゆえにポールに膝が当たるフォームは、とても印象深かった。

そのフォームを真似ることが当時の自分にとって正しいか否かは分からなかったが
一度まねして見たい。ポールに膝が当たるということをして体験してみたい。

ところが、この短いカーブスキーでのゲートをくぐると
ポールに膝があたった。

ターン前半からの早い雪面の捉え。
そして、ゲートまでの余裕のあるライン。

なにかとても上手くなれた気分になれた。

「そっか、こうやって内傾角深くするんだぁ」

そのときの記憶は、定かでないが
そんなことを感じていたような気がする。。

そうやって、自分の板に戻ったときに、
なんか以前よりも上手く滑ることができたのだ。。

そう、短いカーブスキーでつかんだきっかけを
いままでできないでいた板にも使うことができた。。

それから
色々なメーカーの板に乗るようにしてみた。

板が良い、悪いとか、
自分にあう、あわないとか

だけでなく、
この板はなにをしたいのか?
何を得意としているのか?

さ、今日は
何を教わればいいのかなぁ?


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

試乗#2 [試乗]

昨日の続き
そのシーズンから試乗に燃えていたかもしれない。

3月末に菅平で試乗会があった時も、試乗の板のエッジを何本かたてていたなぁ

またまた余談になるのだが、
当時、自分の板のエッジをいじるのに、ためらいのあった私も
試乗の板だと気兼ねなくエッジをいじれることができた。
4月だけで何本もエッジをたてていたら、エッジの手入れも素早く行えるようになった。
(なんたって、自分の板じゃ無いから。。。。でもきらくにやったらかえって失敗は無かった)
これ、おすすめ?

さて
試乗に執着心を燃やしていた時、中川コーチも同じように色々考えていたようである。

続きを読む


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

試乗#1 [試乗]

4月に入って色々なところで試乗会やイベントが行われた。
例年、試乗も色々な条件の下で何度か行い、板の特性を確認しており、
私の春の重要なイベントと位置付けている。
(ただ、今年は雪が少ないので、そんなにはできないなぁ、、)

試乗会には3つの意味があって参加している。

1.来季の板(及びセッティング)を決めること。
2.メーカーの違いや、セッティングによるの違いをしること
3.色々な特性の板にのることで、新たな発見をすること

まずは、1.2.について

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。